忍者ブログ

豆戦士のがらくた置き場

とあるデュエル小説書きの、日々の記録

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ボーイ・ミーツ・ハート!-彼女のフラグは難攻不落!?-

鳥羽 徹というライトノベル作家がいまして。

無数にいる好きな書き手のうちの1人であり、
数多の目標とすべき書き手のうちの1人であり、
数少ない共感できる書き手のうちの1人である、
私にとっては、そんな作家さんです。

で、そんな鳥羽先生が、1年3ヶ月ぶりに出した新作がこちら。


ボーイ・ミーツ・ハート!-彼女のフラグは難攻不落!?- (GA文庫)
ボーイ・ミーツ・ハート!-彼女のフラグは難攻不落!?- (GA文庫)鳥羽 徹 H2SO4

ソフトバンククリエイティブ 2011-06-16
売り上げランキング : 81081


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<ストーリー>(GA文庫のサイトから引用)

 たとえば予知能力者と透視能力者がトランプで勝負したらどうなるか?
 超能力者が暮らす砂拠市は、そうした一般的な種目を使った異能バトル・PSYゲームが日常的に行われる街である。

 そんな街の住人で、音を操る力を持った征司は、他人の心音を聞くのが趣味という残念な高校生だ。
 彼はある日、幼なじみの少女・狭霧と再会するが、その印象は昔と大きく変わっていた。

「彼女を取り戻したい(おもに心音的な意味で)」

 かつての狭霧を取り戻すため、征司は奔走し始めるが――!?
 ちょこっと変則学園異能ストーリー登場!



原作HPチャットログ 私の自己紹介文(豆戦士のQ1.を参照)


「超能力者がトランプ」なコンセプトが私の処女作ともろ被っていてちょっと感動。


話のあらすじも、

「あまりに強すぎる能力を持ってしまったがゆえに、周囲の人間からは勝って当然だと冷たい目で見られ、闘いを楽しめなくなってゲームを辞めてしまったヒロインの心を開こうと、『ゲームの勝敗は能力の強さだけでは決まらない』ことを証明するために、弱小能力しか持たない主人公が、強大な能力を持つヒロインに、入念な準備をしたうえで真っ向勝負を挑む――――!」

というもの。


これは鳥羽先生が私の文章の読者だと妄想しても許されるレベル。

拍手[1回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

拍手返信1

  • by 豆戦士
  • 2011/07/15(Fri)22:15
  • Edit
>ragiさん

>>こういう意見を見ると、つくづく自分とは違うタイプの書き手だなあ、と思わざる負えない。


どう違うのかすごい気になるんですがw

1000冊に1冊とかそんな極低確率で、こういう、自分と妙なシンクロを見せる作品と出会って、テンションが超上がります。
こういうことがあるから、読書はやめられない。

ちなみに私は、こういう本に出会うと、異様に持ち上げて作品本来の面白さ以上に過剰評価する傾向にあります。

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN : 豆戦士

ブログ内検索

最新コメント

[02/27 Surveys]
[08/29 呵々闘諍]
[08/06 オウカ]
[05/15 Backlinks]
[01/30 アッキー]

最新トラックバック

Copyright ©  -- 豆戦士のがらくた置き場 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]